すまいるリフォーム ホーム >社長 安倍勇のオフィシャルブログ

社長 安倍勇のオフィシャルブログ

2021年2月23日
清算人から一言

令和3年2月23日をもちまして 住居リフォーム㈱は解散閉鎖致します。

長きにわたりブログを閲覧してくださった皆様

本当にありがとうございました。


閉鎖後のハナコさんの動向を心配してくだり多くの方から

励ましのお言葉頂戴したことをうれしく思います。


私の動向は心配されなくて少し寂しい代表の安倍です。

今後は現在請け負っている工事をすべて完成させて

代表から清算人として4月末には閉鎖登記する業務をこなして

いきます。


もうこれ以上小さくなりようがない。

逃げも隠れもできない小さな事業所として

自宅にて工事後のアフターの対応にあたります。

資本バックがなくても

個人事業主としてサポートさせて

頂きますので、今後とも宜しくお願い致します。


15年間 ありがとうございました。

2021年2月14日
終了まで。あと9日

住居リフォームでの受注終了まで、あと9日

会社都合で閉鎖するとわかっていたら

仕事を辞めてしまう方が多いと思いますが

当社のスタッフは違いました。


最後の最後まで一緒に業務をこなしてから

退社するとのことです。


一緒に働く仲間に私は何もして

あげられませんでした。


私のせいで辞めざる得ない状況に

なって、さぞかし恨まれていることだろうと

私は思ってましたが・・・


それは違っていました。

ハナコさんから

「いままでお世話になりました。そしてお疲れさまでした」と一言お声をかけて頂き

チョコレートをもらいました。

チョコ.jpg

男としてチョコレートをもらうことは本当にうれしいことです。

ましてや解雇宣告した雇い主に・・・


本当にいいスタッフと仕事が出来て幸せでした。

ありがとう!

終了まで あと9日。

2021年2月 6日
終了まで。あと17日

住居リフォーム株式会社 受注終了まで17日となりました。

大切なご案内をみた多くの方からご連絡を

頂き、うれしかった代表の安倍です。


また、現在工事中のお客様やこれから始まりお客様

新規で問い合わせ頂いたお客様からも

「私達顧客はどうなるんですか?」とご心配で

お叱りを毎日頂戴して苦しかったのも事実です。


辞めるって本当に大変で疲れます。


そんな私を見かねて嫁が1通の通帳と印鑑を私に

「ぶ~ちゃんが辞めるとお客様も、はなちゃんも困るでしょ」と

これ使ってと差し出してきたのです。


この通帳は嫁が23歳からクリーニング屋さんでバイトしていた時からの

アルルホームズで12年務めて使わずに貯めていた貯金です。


将来、老後のためにと大切に貯金していたお金です。

私は涙があふれ出しました。

これをもとに個人事業主として失敗してしまったら

申し訳ないという気持ちでいっぱいになった。


嫁は困っている人のために使えるなら嬉しいです。と・・・

こんな私と結婚して8年 いまだ新婚旅行すら連れていって

あげてない私のために・・


設備投資や建設業許可、運転資金など最低800万円は

必要になります。


住居リフォーム㈱は4月末で完全閉鎖となりますが

お客様の為、家族の為、スタッフの為、

個人事業主として精一杯頑張りますので

今後とも宜しくお願い致します。









2021年1月22日
大切なご案内

年明けのご挨拶もできないまま

毎日バタバタしているスマイルリフォームの安倍です。

コロナ過で姿を見せない私で、心配のご連絡を頂きましたが

年明け早々の現場や現在、打ち合わせ中お客様に大切なご案内を

元気にしておりました。


大切なご案内とは

令和2年2月23日を持ちまして、

私、安倍 勇と北原 華子は、善水グループの

住居リフォーム株式会社を退社することになりました。

現在ご覧になられているホームページ閲覧や電話番号・メールも

ご利用できなくなります。

また15年過ごした細大ビルの事務所も3月いっぱいで引っ越し致します。


受注業務は2月23日まで受付けしていますが、現在

請け負っている物件が4月末で完成した時点で完全終了となりますが

私は逃げたり隠れたりしません。しっかりと

工事後のアフター対応などは私が責任をもって対応させて頂きます。


当面の間、自宅を事務所で使い電話も自宅の番号を使用してサポートさせて

頂きます。

駐車場がございませんのでご来店の際は駐車に気を付けてくださいね。

また、新しい電話番号のご確認は2月23日までに

現在の電話番号にかけていただくか、ラインでご確認のほど

よろしくお願いいたします。


今まで大変お世話になりました。

私という存在で少しでも笑顔をなって頂けた方がいたことが

何よりも励みになりました。

本当にありがとうございました。







2020年12月28日
鬼舞辻無惨

年末になってあいつが帰ってきた。


私にとっては鬼みたいな存在の方。

私のことをなんだと思っているのか?


まるで鬼舞辻無惨のようだ。


病院から退院するから迎えにこい!

って仕事中に電話がなる。


仕事中なので迎えに時間がかかると

なんども「はやくしろ!」と電話がなる。


私はなんども「もういやだ!」と逃げ出したくなる。


退院後も玄関で転んで目から血を流し

「目があかなくて見れないからきて!」と

呼びされる。

血が固まりかさぶたになって目がふさがっただけで

自分で顔を洗えば見えるのに・・


目が見えるようになったら

今度は「腹減った!」「うなぎが食べたいから、すぎ屋連れていって・・」

すぎ屋って・・・すぎのやとすき家がごちゃごちゃだよ。


結局うえにのかっている、うなぎ食べて あぁ~腹いっぱいだ。帰ろ。って

俺はまだ食ってんだよ!
肉を食らう.jpg

ちきしょう!ちきしょう!

俺をなんだと思っているだ!


昨日も救急車で運ばれて迎えに来て~
鬼ババア.jpg

くそ~鬼ババア!!


今日も呼吸困難で救急車で運ばれて~仕事にならないよ。

年末年始も何回呼ばれるのかな・・・あぁあぁ


憎たらしくてしょうがないクソ・鬼ババアでも

私が小学校の時、海でおぼれた時に海に飛び込んで

死にはぐっているところを2回助けられたことが忘れられず・・・

あの時お袋が助けてくれなかったら今の私はこの世にはいませんでした。


そんな御恩があるので、頑張れるのでしょうね。

あの時、助けてくれなければ・・・きっと私も見て見ぬふりをしていたと

思います。

仕事も一緒です。

「因果応報」

来年も1つ1つ丁寧な対応でより多くのお客様に喜ばれるような

会社つくりを目指してまいります。

本年は大変お世話になりました。

2021年もどうぞ。  すまいるリフォーム㈱にご指名を

宜しくお願い致します。((´∀`))ケラケラ